気分は何となく透明に近いブルー

既に薄れた存在感
目覚めた時に今日が有るから生きている
感謝しながら 唯 それだけの事
明日は極楽浄土の門を潜って居ても・・・

1月は行く 2月は逃げる 3月は去る

それを絵に描いたように日々は足早に過ぎ
振り返っても足跡さえ残っていない


儚い人生だなぁ~と思いながら
この侘しさからは
永遠に抜け出せそうも無い


孤独を背負いながら幾年月
我が定めと諦めては居るものの
少しは人並みの夢を見ても
罰は当たらないような気がする


と言っても
この世は金次第
お金が無ければ何にも出来ない
その日暮らしには
夢を見る事さえ出来ないのだろうか・・・